SHIINA

千葉工場 製造課(計量担当)

椎名 / 2015年中途(パート→社員)

お茶のペットボトルを購入する何気ない光景も、じーんと胸が熱くなります。

お茶のペットボトルを購入する何気ない光景も、じーんと胸が熱くなります。

仕事を通じて健康に、お米を持てる体力がついてきた

入社して早いもので2年が経過しました。当初から現在の「計量係」に勤務しております。
仕事の内容は文字通りお茶の茶葉の計量になります。一重に計量と言いましても、大量の茶葉を計量しますので、重さもかなりのものになります。
1本のお茶を作るには複数の茶葉を使用しますので、ブレンドを絶対に間違わないよう、常に集中して対応する必要があります。
現在は、業務の効率化とチェック体制の強化も兼ね3名体制で業務を進めています。仕事の甲斐あってか、最近では少し体力がついてきたと感じます。
先日、買い物に行った際、これまでは持てなったお米を持てるようになっていました。仕事を通じて健康になっている証拠ですね。

日常光景を通じて感じる、責任感と誇り

コンビニなどで日常何気なく目に入る光景ですが、お茶のペットボトルを持って飲んでいる人を多く見かけます。キンキサインで働くようになって、「私が携わった商品だ」と思うようになりました。
1年を通じてお茶はよく飲まれている飲料水なので、消費量もかなりのものになります。私が頑張れば多くの方の手にわたると思う事が多々あります。
商品を通じて、キンキサインで働いている責任感と誇りをも感じる瞬間です。それは私だけでなく、キンキサインで働いている社員全員が感じているのではないでしょうか。

固定された勤務シフト、生活のリズムがとりやすい

職場環境は良く、何より一緒に働いている社員がとにかく面白く、個性的で魅力のある方が多くいます。もちろん、仕事をしているときは黙々と業務をこなしていますが、仕事の合間には冗談なども飛び交い、緊張がほぐれ、「また頑張ろう」と思えます。
また、勤務のシフトがしっかりと固定されていますので、残業もほとんどなく、生活のリズムがとりやすいのも特徴です。
休日には買い物や岩盤浴によく行きます。体力を使う仕事なので、仕事と離れ一時の癒しを味わっています。
その他、特別手当が支給されることもあり、とても嬉しく思います。
会社が社員のことを考えて色々な支援をしてくれます。私はそんなキンキサインが、そしてキンキサインで働く社員が大好きです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加