Toshifumi OZEKI

品質保証部 品質保証課 ライン担当

尾関 聡文 / 2014年新卒

身近で新しい経験が、自分自身の成長に繋がる

身近で新しい経験が、自分自身の成長に繋がる

製品を県外で見かけた時が、やりがいを感じる瞬間

私の仕事は、ペットボトルに詰められる前の段階でのお茶の検査や、製品の外観確認、製造工程において異常の有無を確認することです。
お茶の検査方法としては検査機器を用いて糖度・pH・色調等を測定し確認しています。また、お茶を実際に飲んで検査する官能検査も行っています。確認箇所として、内容液だけでなく、ライン上に流れている製品の外観確認も行っています。ラベルに破れがないか、ボトルに傷・凹みがないかなど、人の目による確認もしています。品質保証課として、安心・安全な製品の製造を心掛けています。

キンキサインの魅力は社風にあると思います。会社全体の人間関係も良く風通しの良い社風であり、社内の上下関係も厳しくなく、気軽に相談などが出来るため、コミュニケーションが取りやすい環境にあります。仕事をする上で周囲とのコミュニケーションを取りやすい環境はモチベーションを維持できますし、やりがいにも繋がると感じています。
また製造した製品を店頭などで見かけることが度々あります。兵庫県外で見かけた時などは、やりがいを感じる瞬間でもあります。

気分転換が、仕事の集中に繋がる

趣味はスノーボードです。大学生の時に始めたのをきっかけに現在でも続けています。社会人になり、行く回数は減りましたが、適度な運動が気分転換にもなっています。兵庫県内にはゲレンデが数か所あり、気軽に足を運べるため、今後も続けていきたいと思っています。

未知の経験が、自分自身を成長させてくれる

入社後、ペットボトルのお茶を製造するラインでしか勤務経験がなく、製造する品種も限られています。自分の知らない品種やペットボトル以外の容器で製造しているラインを経験したいと感じています。
品種や容器が異なれば製造工程も異なるため、新たに学ぶことや発見もあれば、これまでの経験を活かせることもあるかもしれません。新しい経験をすることで自分自身の成長に繋がると感じています。

キンキサインは、入社1年目から即戦力として働くことの出来る会社であり、責任感を持つことが自分自身を大いに成長させてくれると感じています。
身近にある商品がどのような工程を経て製造されるかを学び、その製造に携われることにやりがいを感じています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加