Takahiko HIYORI

本社第二工場 製造課 2号

日和 孝彦 / 2003年新卒

会社の成長が、自分自身のモチベーションになる

会社の成長が、自分自身のモチベーションになる

責任の大きい現場監督はやりがいも大きい

清涼飲料水の製造工程(調合~ケース詰め)において、現場の監督、各機械オペレーターの管理、指導、教育を行っています。

飲料水の製造では繊細な作業が多く、良い製品を作る為の責任は大きいですが、頑張れば頑張った分だけ評価され、それが自分自身の成長に繋がります。そしてそれは会社の成長にも繋がり、それが自分自身のモチベーションをさらに上げます。

オンオフの切り替えが仕事を充実させる

昔からいろんな映画を見るのが好きで、月に10本以上は映画、DVD鑑賞をしています。

経験とコミュニケーションが武器になる

2003年に入社して以来、調合担当を経て、2016年にサブリーダーになりました。
サブリーダーになってまだ1年目なので、もっと経験を積んで、円滑な製造を行えるよう、各オペレーターとのコミュニケーションを密に図っていきたいと思います。

社員全員が良い製品を皆様にお届けするという同じ目標に向けて一丸となって働いているので、その一員となって会社全体を盛り上げていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加